2017/2/3

美容と健康コラム
美容と健康コラム

第01回 紫外線について

徐々に日差しが強くなりました。気候もだんだんと過ごしやすくなり、晴れた日には屋外へ! と飛び出していきたい季節です。でも、ちょっと待って! 何のケアもせずに飛び出せば、外には強い紫外線……。
でも紫外線ってホントに悪いものなの? いえいえ、すべて悪いわけではありません。1日に数分浴びることによって、カルシウムの吸収を促すビタミンDを生成してくれたり、精神的なストレス解消になったりします。
しかしながら、やはり女性にとって肌の天敵「紫外線」。できるだけ予防するに越したことはありません。紫外線について少し記載しますので、日々の暮らしの中で、参考にしていただければと思います。

1 紫外線が強い時期 5月~8月
2 紫外線が強い時間帯 午前10時~午後2時
(他の時間帯の倍の紫外線量になる!)
3 天気 雨が降った後の晴天は、より紫外線が強くなる
(空気中のチリ、ホコリが紫外線を一部弱めるので)

紫外線の浴び過ぎは、皮膚がんや、白内障、また感染症にかかりやすくなることが確認されています。また「光老化」といって、しわ、たるみの原因となります!
だからといって、全く外に出ない訳にはいきませんので、こんな時期はしっかりUVカットの乳液や化粧水をしっかり使い、健やかで健康な毎日をお過ごしください。

ホームへ先頭へ前へ戻る